ぐるる

Freestyle Football
MovieMagazine and OnlineShop
Since 2016.

FREESTYLEフリースタイルフットボール

Trade / トレード

踵で後ろに蹴ったボールをすばやく逆足のインフロント~インサイドでひきあげる技。 ヒールキック直後にリフトアップするタイミングが重要。 遅すぎるとボールが行き過ぎてしまうので、早めに上げると上手くあがることが多い。

2016.11.11

Roller / ローラー

コメカミから後頭部を通して、頭の周りを一周させる技。 両方向のコメカミが安定していることが前提の技。 後頭部はネックキャッチに近いぐらいの位置を通すとスムーズに流れやすい。

2016.11.09

ネックフリップ-胸-コメカミ

ネックフリップで上にあげたボールを胸でトラップ、コメカミでキャッチする技。 いかにコメカミで取りやすい位置にボールを胸トラップするかが重要。 前に落とすと取りづらいので、真上にあげられるようにする。

2016.11.08

Head Stall Spin / ヘッドストールスピン

頭にボールをのせた状態で自分が一周する技。 ヘッドストールが安定している状態から回転方向に足を一歩出す。 一気に一周してすぐにぶれたボールをリカバリーする。

2016.11.07

Repeat Clipper / クリッパー連

クリッパーを連続して行う技。 連続するために高く上げようとすると、次のクリッパーが間に合わなくなる。 単発以上に余裕をもって、ボールが落ちてくる前にクリッパーの形を準備する。

2016.11.04

Soufiane Clutch / ソフィアンクラッチ

倒立しながらクロスした足でボールを掴む技。 ノリクラッチと同じ要領だが、少し早めに落下地点に入らないと間に合わない。 頂点で落ちてくるボールを待って、クロスした足で挟むイメージ。

2016.11.02

Upper Akka / 肩→頭 (正式名称不明)

上半身のリフティング中に肩→頭の2タッチをする技。 ワンタッチ目の肩を上ではなく自身の頭方向に飛ばすことで頭に当てやすくなる。 肩で真上に上げると頭に当てにくくなり、ボールも前へ飛んでいってしまう。

2016.11.01

Knee Revolve / ニーリボルヴ

座った状態で、ボールが膝にあたった瞬間、逆足で跨ぐ技。 腰を浮かし、膝に当たったときにボールが真上に上がる状態をつくる。 膝の稼動範囲が少ないため、しっかりとやりやすい場所にセットする。

2016.10.31

Rake Akka / レーキアッカ (正式名称不明)

軸足の外側から2タッチでボールを内側へ出す技。 三角を描くように、セットを軸足の後ろ側へ引っぱり、1タッチ目で内側へ、直後の2タッチでリフティングへ戻す。 セットにバックスピンをかけることによって、ボールが前に飛ばずに内側へ引っぱりやすい。

2016.10.25

Ball Spin – Head Stall

指の上でボールを回した後、頭でとめる技。 ボールスピンとヘッドストールが安定している前提の流れ。 頭にボールを移す際、ボールの中心とストールの重心がぶれないように気をつける。

2016.10.24

いいね!をして最新情報をGET!!

M Flip Ball Sipn / Mフリップボールスピン

Mフリップで回転をかけてボールスピンさせる技。 通常のMフリップよりバウンスを外にずらし、直後のツータッチで横回転をかける。 軸足のつま先を上げたほうが回転はかけやすい。

2016.10.21

Real Spinner (正式名称不明)

スピナーで回転をかける技。 スピナーを斜めにそらすことで横回転をかける。 膝下を使うことで強めの回転をかけることができる。

2016.10.20

pixy Tornado (正式名称不明)

トーストールしたボールに回転をかけて、再びストールする技。 ストールした足を引き寄せ、膝下を伸ばす勢いを使ってイン-アウトアッカの要領で回転をかける。 真正面に上げても横回転がかからないため、アウトサイド側にボールをそらしつつ、内側に向けて膝を伸ばす。

2016.10.19

Cross Leg / クロスレッグ

座りながら足をクロスした状態でリフティングする技。 クロスした足が邪魔でタッチする瞬間が見えにくいため、座った状態でのリフティングが安定していないと難しい。 リボルブやパラドックスワールのタッチに近いため、練習に良い。

2016.10.18

Cross Reel – Diving Clipper / クロスリール→ダイビングクリッパー

クロスリールリフトからダイビング、クリッパーで拾う技。 クリッパーセットよりは高さや位置をコントロールしやすいが、慣れないと頭の高さまで上がらない。 クロスリールの回転が掛かっている分、多少クリッパーがぶれても拾うことができる。

2016.10.12

Clipper-Diving Clipper / クリッパー ダイビングクリッパー

クリッパーでリリースしたボールをダイビング、さらにクリッパーで拾う技。 フットバッグでの正式名称はダイビングだが、フリースタイルではダッキングとまとめられることが多い。 クリッパーセットの高さと位置が重要。キャッチはなるべる早めにクリッパーの形を準備する。

2016.10.11

Butterfly / バタフライ

蹴り上げたボールを逆足で跨いでクリッパーで拾う技。 跨ぎからクリッパーまでの時間が短いので、着地と同時に軸足をまげて吸収する。 ボールが高すぎると跨ぐ時間がさらに長くなるので、極力低めにセットする。

2016.10.07

Calf Stall / ふくらはぎストール

ふくらはぎにボールをとめる技。 ゾイドと逆に足首を引くことで、ふくらはぎに平らな部分をつくる。 ゾイド同様、軸足がぶれるとボールもぶれるので、セットを上げすぎない。

2016.10.06

Zoid / ゾイド

踵にボールをとめる技。 つま先を伸ばして踵とアキレス腱の間でボールをストールするイメージ。 軸足がぶれるとストールもぶれるので、やりやすい位置にセットすることが重要。

2016.10.04

360 RCO / ジャイロ (正式名称不明)

蹴り上げたボールをスピン後にDFで拾う技。 サブロクアラ同様、セットを真上にあげて回転後のDFがやりやすい位置にもってくる。 スピン後、跨ぐ足を準備した状態でボールを目視し、身体のひねりを戻しながらDFで拾う。

2016.09.30

RANKING 人気動画ランキング

技を磨いて大会に挑戦しよう!!

FOLLOW US