ぐるる

Freestyle Football
MovieMagazine and OnlineShop
Since 2016.

STANDINGスタンディング/立ち技

Knee Akka -outside- / ニーアッカ アウト (リフティング)

リフティング中に外側の膝に当ててすばやく2タッチする技。 通常のニーアッカはリフティングにつなげないため、膝に当てたボールを拾いやすい位置に移動させる。 自分の身体より少し外側にセットすると、膝に向けてボールを引っぱりやすい。

2016.09.27

Lift Up Ball Spin (正式名称不明)

両足のインサイドでボールに回転をかける技。 回転をかけつつボールを真上にあげる練習が必要。 ボールの中心をインサイドでつかむ感覚。

2016.09.23

Nip -outside-(正式名称不明)

正式名称不明 両足のアウトサイドを使ってボールを上げる技。 ラボーナで蹴ったボールを軸足のアウトサイドに当てるイメージ。 ニップと異なり、軸足のつま先を上げないとラボーナで蹴り上げたボールが当たらないことがある。

2016.09.21

Heel Smash / ヒールスマッシュ

足裏でとめたボールを体と一緒に前に転がし、踵に当ててあげる技。 弱すぎるとボールが上がらないので、思い切って体重をかける。 踵の当たる位置によってあがる方向が変わるので、リフティングにつなげやすく調整する。

2016.09.20

Clipper360 – Clipper / クリッパースピンクリッパー

クリッパースピンした後、再びクリッパーで拾う技。 クリッパースピンよりさらに約45度回る必要があるので、難易度がかなり上がる。 スピン後に体勢を崩しやすいので、身体をお越してその場で回ることが重要。

2016.09.15

Rip Poper / リップポッパー

インサイドバウンスしたボールを跨ぎながら再びインサイドで蹴り上げる技。 蹴り上げると言うよりは、インサイドでバウンドしたボールをクリッパーで引き上げる感覚。 バウンスのコントロールが難しいため、跳ねた直後にタッチしたほうがやりやすい。

2016.09.13

Cloud / クラウド

ふくらはぎ→太ももの順に2タッチする技。 ボールがあたる位置や角度を変えて、上手く上げられるようにする。 2タッチ目があたりにくいので、ふくらはぎにあたったらすぐに膝の位置を戻す。

2016.09.12

Reverse Spinner / リバーススピナー

正式名称不明 つま先→スネの順に2タッチする技。 スピナー同様、足首の角度を調節できると連続でもできるようになる。

2016.09.08

Spinner / スピナー

スネ→つま先で瞬時に2タッチする技。 つま先の角度によってボールの上がる位置が変わるため、自分のやりやすい角度を探す。 連続で行う場合は足を固定するとやりやすいが、単発で高めに上げる場合は膝から蹴り上げるようにスネに当てる。

2016.09.07

Flying Clipper 360 / フライングクリッパー360

クロスオーバーをインサイドで蹴り上げ、一周する技。 通常のクロスオーバーより高めの位置でタッチしないとインサイドが平行になりにくく、ボールを真上に蹴り上げづらい。 蹴り上げてから周るより、蹴り上げながら周ると上手くいくことが多い。

2016.09.06

いいね!をして最新情報をGET!!

Dyno / ダイノ

正式名称不明。 本来はクリッパーから始めるフットバッグの技。クロスリールで上げたボールを逆足で内側に跨ぎ、そのまま足をつけずにオーシスで拾う。 クロスリールが高すぎると跨げず、低すぎると間に合わない。振り返る直前までボールを確認して、最短距離で跨ぐ。 横から回すというよりは縦に跨ぐイメージ。

2016.09.05

Hop Over / ホップオーバー

ボールをインサイドにストールした状態の足を軸足で飛び越えてリリースする技。 インサイドストールの安定感と軸足を飛び越える勇気が必要。 無理に飛び越えると足に引っかかったり、球乗りしやすいので注意。

2016.09.02

Half Clutch Twist / 半クラツイスト

Ko-sukeのオリジナルトリック。 クロスリールからリバーススワールでキャッチする技。 スラップがスムーズにできないとクリッパーが間に合わないので、前段階としてスラップの練習が必要。 クロスリールをしてから回すと間に合わないので、クロスリールしながら回すイメージ。

2016.09.01

360 TATW / サブロクS

ボールを蹴り上げた後に自身が一周し、TATWでキャッチする技。 基本動作は360ATWと同じ。 TATWキャッチになるため、より余裕を持って跨ぐ動作に入ることが重要。

2016.08.31

360 ATW / サブロクアラ

ボールを蹴り上げ、自身が一周した後にATWをする技。 早く回ることに気を取られ、ボールのセットがおろそかになりやすい。蹴る。回る。跨ぐ。をしっかり行うことが重要。 回っている間もボールの軌道で位置を読み、事前に跨ぐ動作に入っておくとキャッチしやすい。

2016.08.30

Single Knock Up / シングルノックアップ

正式名称不明。 ダブルノックアップを一回目の叩きつけのみでリフトアップにつなげる技。 ダブルノックアップ以上に強く叩きつけなければいけない。 叩きつけた後もボールは深い位置にあるので、上手くリフティングにつなげる必要がある。

2016.08.29

Double Knock Up 2

ダブルノックアップの入りが別のバージョン。 正面から入るため、力がより入りやすく一回目のたたきつけでボールが跳ねやすい。 一回目に気を取られすぎると二回目が遅れてしまうので、注意が必要。

2016.08.26

Double Knock Up / ダブルノックアップ

地面にたたきつけるようにボールを上から蹴り、少し上がったボールを再度たたきつける技。 ボールに対して真上から圧力をかけることでボールが弾む。 重心を落としてたたきつける際の角度が地面と平行になるように心がける。

2016.08.24

Heel Bounce / ヒールバウンス

蹴り上げたボールを地面につけた足の踵でバウンドさせる技。 インサイド・アウトサイド同様、落下地点を予測して、ボールが落ちる前に足をセットし、当たるまで地面から動かさない。

2016.08.23

Outside Bounce / アウトサイドバウンス

蹴り上げたボールを地面につけた足のアウトサイドでバウンドさせる技。 インサイド同様、落下地点を予測して、ボールが落ちる前に足をセットし、当たるまで地面から動かさない。

2016.08.22

RANKING 人気動画ランキング

技を磨いて大会に挑戦しよう!!

FOLLOW US